乗り鉄歴1週間の僕の乗り鉄成長記

このブログは乗り鉄の活動(僕の)を書いています

5年来の願い! 山手線一周!!

僕には電車愛に目覚めた時からやりたかったことがあります。

そう、それは山手線一周計画!

ついにそれを実行する日がやってきました!!!

今日はそれについてやっていきたいと思います。

あ、最寄りの横浜から山手線最寄り駅の品川まで京急で行ったんですが、まぁ京急の速いこと速いこと。

なんと、鮫洲のカーブ以外はすべて120kmで走行。

横浜2時34分出発の快特が、品川に2時52分にはついてるんです。 京急怖っ!

 

そこから山手線に出発!!


f:id:chungiwww418:20190113155855j:imageなんと初っ端から新型車両E235系に乗れました。

目黒地区の風景。

最初に下車したのは…

目黒です!
f:id:chungiwww418:20190113160027j:image

私事ですが私3歳頃まで目黒に住んでいてお父さんにラインで送ったら懐かしいと言っていました。

目黒地区を改めて見たところとても坂が多い。


f:id:chungiwww418:20190113171955j:image権太助坂商店街。

なんか昭和感が残る商店街です。

ここから恵比寿駅まで歩いちゃいましょう!


f:id:chungiwww418:20190113172122j:image坂が多いです。


f:id:chungiwww418:20190113172249j:image恵比寿駅。

ここから新宿へ。

乗ってくと……。


f:id:chungiwww418:20190113211517j:image新宿駅

都会感がすごすぎでしたね。

なんかでかすぎて神奈川ともう規模が違いました。

6番線ホームに、とかじゃなくて10番線余裕であるから驚きました。

乗り降り数も多かったです

その次は池袋駅

ここからの駅は外には出ていません。(新宿も)

池袋駅の定番の待ち合わせ場所、いけふくろうを撮影しました。


f:id:chungiwww418:20190113211833j:image池袋駅、撮りました!!!

その次は渋谷駅を通過し上野駅

上野駅は特に何もなかったですが駅名標を撮りました。


f:id:chungiwww418:20190113212002j:image

その後は東京へ。


f:id:chungiwww418:20190113212136j:image東京の丸の内口の屋根。

何回か見たことありますが何度見てもきれいですね。

とここでスタンプラリーがあることに気づいてしまいます。

その時の僕の心👇

やっときゃーよかったーーー

その心でした。

そして品川へ帰って品川からは京急で横浜まで。

楽しかったです。

次回相鉄などを旅していく予定です。

お楽しみに〜〜。

 

 

路線図の印刷

ハローです。

乗り鉄活動記(名前変わってる⁉)第四弾!!

我、路線図を買いに行く。

あの旅があった次の日。

僕はコンビニに何かを印刷しに行きました。

印刷するのは、そう、この↓
f:id:chungiwww418:20190106070756j:image路線図です!!

でも、印刷したのは、これのみではありません。

モノクロのものも印刷しました!! 
f:id:chungiwww418:20190106071434j:image
なぜモノクロを印刷したのかと言うと、塗りつぶしするためです。

乗った路線を塗りつぶして、じわじわと達成感を味わいたいからです。

こういう行動も乗り鉄をするために必要なことだと思います。

時刻表も紙に慣れ親しんだ方が悪いことはないと思っています。

だってスマートフォン電源が切れて使えなくなった時紙の時刻表持ってなかったら終わったとも言えるじゃないですか。

路線図も簡単に検索したら出てきますがスマートフォンが電源切れちゃったら困ってしまうじゃないですか。

なので、こういう紙と親しんでおきたいと思っています。

(僕はセブンでPDFを印刷しました)

路線図のあとは時刻表を買う

今度は時刻表を買いに行きます。

地元、横浜が誇る大駅、横浜駅の近くに相鉄ジョイナスという地下街があります

(旧ダイヤモンド地下)

その中の有隣堂で僕は買おうとして鉄道コーナーに行くとないんですね。

そこで、店員さんに聞いて見たところ、観光雑誌コーナーにあるそうでそこに行ってみたら2大巨頭、JR時刻表JTB時刻表(大判)が鎮座しているでは有りませんか。

その周りにはJRコンパス時刻表やJR小さな時刻表、九州時刻表、北海道時刻表などがありました。

どれもとても魅力的だったのですが、私は私鉄情報が多く乗っているJTB時刻表を買いました。できればJTB小さな時刻表をかいたかったのですが、なぜかなかったので、大判のやつ買いました!!


f:id:chungiwww418:20190108150325j:imageこれで途中下車したりするときに便利ですね!!
さあ、もう終わってしまったので今後の活動をお伝えしたいと思います。

もう冬休みも終わって忙しくなります。

なので休みの日、隙間隙間に入れていきたいと思います。

今後の予定は↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

まあ、こんな感じです

これからも活動を続けるので、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

鶴見線、南武線、青梅線、横浜線完乗計画2

前回始まった完乗計画。

(前回はhttps://chungiwww418.hatenablog.com/entry/2019/01/02/200049

前回は鶴見線巡りをして南武線で立川まで行きましたね。

今回は奥多摩まで青梅線で行ったあと、八高線に乗って八王子へ行き、その後横浜へ横浜線に乗って帰っていきたいと思います。 

雰囲気醸す青梅駅 


f:id:chungiwww418:20190104142929j:image

立川から青梅線で青梅経由して奥多摩まで行く感じです。

青梅線を数十分乗って青梅駅に到着。

青梅駅は特殊な雰囲気を醸し出す駅でした。

まずこの駅名標
f:id:chungiwww418:20190104143843j:image何かすごいです

そして待合室も↓
f:id:chungiwww418:20190104143950j:imageうん、同じ感想。

青梅駅に興味がわき見てみたくなりましたが、電車がもうすぐで来るそうで次機会があったらすることにしました。

そして奥多摩行きに乗ります。 

東京アドベンチャーラインの終点、奥多摩駅


f:id:chungiwww418:20190104144148j:image奥多摩行きで見た風景。

奥多摩ー青梅間の青梅線は東京アドベンチャーラインと呼ばれる路線。 それだけ自然があるということでしょうか。

さて、途中駅には標高300メートルだとかそんなことが書いてあり、30分ほど電車に乗ります

電車に揺られてついに到着。

奥多摩駅
f:id:chungiwww418:20190104145736j:image奥多摩は東京とは思えない自然が広がる駅でした。

東京アドベンチャーラインの名のとおり、すごく山が多く、いい駅でした。


f:id:chungiwww418:20190104151616j:image階段で降りる二人の女性。

この奥多摩駅で降りてバスに乗る等し、登山する人もいるそうです。


f:id:chungiwww418:20190104151828j:image奥多摩駅駅舎

工事中らしいです。 左の柱の後ろに何か台があるのが見えますが、よく見てみるとこれは登山届を書く台です。

遭難しては行けないから出すらしいです。

ここの街並みも東京とは思えない感じでした。


f:id:chungiwww418:20190104152139j:image上にある橋はホームです。


f:id:chungiwww418:20190104152233j:image少し歩き信号を2つほど渡りました。

なので帰るときは近道を使ってみることに。

そこの雰囲気もとても良かったです。

そして折り返します。
f:id:chungiwww418:20190104152409j:image1時間いた奥多摩ともお別れ。

青梅線に乗ってまずは青梅を目指します。

青梅では青梅特快に乗って拝島へ。

拝島から八高線で八王子へ。


f:id:chungiwww418:20190104152651j:image八高線。 初めて乗りました。

拝島駅のホームドアは横に開く形じゃなくレバーが3本あってそれが一気に上がる形でした。 E231系に乗りました。

下宮、北八王子、八王子と3駅で到着しました。

八王子では横浜線に乗り換えました。
f:id:chungiwww418:20190104152934j:image横浜線に乗りました。

そして座って帰っていきます…、。

自宅に近い横浜駅で降りて、今日の旅は終了。

ありがとうございましたm(__)m

コメントなど、お願いします。

 

鶴見線、南武線、青梅線、横浜線完乗計画

さあ、始まりました

この私、最初の乗り鉄活動!!!!!

この四路線を旅します

メインは、この↓

f:id:chungiwww418:20190104072309j:image

鶴見線です!!!

今回はそんな鶴見線の秘境や神秘と呼ばれる駅をご紹介いたします!!

さて、画像の鶴見線ですが、現在首都圏から消え去った通勤電車、205系が主力車両として残ってる数少ない路線なんです。

休日3本!? 大川駅

そしてこの画像は平日は10本、休日は3本しか通らない大川行です。

これを乗って、大川まで行っちゃいたいと思います。

国道、鶴見小野、弁天橋………

こんな全無人駅を通った先、たどり着くのは、↓
f:id:chungiwww418:20190104072910j:image

大川駅。 本当の秘境駅です!!

木造の駅舎が味出してますねぇ〜。

電車で行くよりは川崎駅からバスも出ているのがいいかもしれません。

電車で行くときは注意してダイヤをちゃんと確認してから行くのをおすすめします

 

時間が止まった国道駅

そこから戻っていきます↓
f:id:chungiwww418:20190104074146j:imageそこから次は国道駅を目指します

さっき来た道を戻っていくと………


f:id:chungiwww418:20190104074357j:image国道駅です。 なんとも神秘です
f:id:chungiwww418:20190104074511j:image
f:id:chungiwww418:20190104074525j:imageいつの時代のかわからない看板。 三宅住宅社??

f:id:chungiwww418:20190104074609j:imageその看板の横にはおそらく太平洋戦争時代のころと思われる銃痕が残っています。(わかりにくいかもしれません)

f:id:chungiwww418:20190104074736j:image焼き鳥、国道下。
こういう昔ながらのお店もあるんですね。
この雰囲気はとてもいいです。

猫駅、扇町

そして、ここから扇町駅方面まで行っちゃいたいと思います

扇町はホームに猫がいる駅として有名ですね😸😺(=^・^=)

扇町駅ももちろん無人駅。

なので猫が我が物顔に歩き回っています。

残念ながらホームに猫はいませんでしたが、駅改札前には猫がのんびりしていました。↓
f:id:chungiwww418:20190104100252j:imageのんびりしてますねーー
f:id:chungiwww418:20190104100312j:imageマンホールの蓋の上でのんびりまったり

f:id:chungiwww418:20190104100432j:image
扇町駅です。 鶴見線鶴見線以外全駅無人駅なのでとても寂しい感じがします。
キセルはだめですよ!!!)

昭和駅にもいましたよ。
f:id:chungiwww418:20190104101328j:imageこの奥にもう一匹いたんですが撮ろうとしてたら扉しまっちゃって。

撮れませんでしたm(__)m

海の上⁉ 海芝浦駅

次は浅野駅で乗り換えし、海芝浦支線に乗ってみたいと思います。

新芝浦駅を過ぎ、いよいよ終点、海芝浦駅に到着!!

海芝浦駅は片方の景色が海です。

その景色に思わず見惚れてしまうのですが、この駅の外には出れません。 

なぜならこの駅の外は東芝の敷地だからなのです。

で、す、が、改札を出ると海芝公園という場所がありそこだけ入れます。

でも残念ながら朝早く行ったので公園空いていませんでした………。↓
f:id:chungiwww418:20190104110334j:imageこの左にあります。


f:id:chungiwww418:20190104110434j:image今日は青空でいい景色です!
f:id:chungiwww418:20190104110510j:image海の上にあるような駅ですね。

f:id:chungiwww418:20190104110544j:image海芝浦駅、撮っときました!!!!

海芝浦支線の風景↓
f:id:chungiwww418:20190104111256j:image

 

そして南武線へ!!

また浅野で乗り換えようと思ったらのんびりしてしまって弁天橋まで行ってしまいました。
f:id:chungiwww418:20190104111228j:image弁天橋で再び扇町行きに乗り換え、今度は浜川崎駅南武支線に乗り換えます。

ですが、とても乗り換えが複雑なんですよね

違う会社の鉄道だったら、駅舎が違うということもあり得ると思います。

京急や関西で言ったら阪急がJRと駅舎が違うこともあり得るのですが、この駅は、同じJRなのに車1台分入るくらいの道路を隔てて駅舎が離れてるんです。

なので駅にはこんなことが書かれていました

PASMO改札機をタッチせずにお乗り換えください。

こうすることで同じであると言っているのですね。

そして南武支線に乗り換えします。


f:id:chungiwww418:20190104113340j:image南武支線も205系です。(アメブロから引用しました)

音楽の街川崎を走るこの路線は、列車側面に音符があります。(写真なしですごめんなさい)f:id:chungiwww418:20190104113644j:image←座席も

そして南武支線の終点、尻手駅を降り、南武線に乗り継ぎます。

さぁ、立川駅につく間。

少し話をしましょうか。 列車旅をしていると、思いがけない出会いがあります。

浜川崎駅南武支線に乗ってきた三人兄弟の親子。

長野県から帰省しているそうで明日帰るんだそう。

武蔵新城駅で降りるらしい。

兄が小1、妹は幼稚園、もう一つ下の妹は、2歳くらいだろうか。

すごく仲良くなった。

もう一生会わないかもしれないと考えると寂しいが、一期一会のこの出会いも、ちゃんと思い出に残しておきたい。

こういう出会いも、いいのではないか。

さて、もう立川駅につくみたいだ。

終点、立川に到着した。


f:id:chungiwww418:20190104140823j:image南武線ホーム。

川崎方面へ向かう列車が次々と発着する。
f:id:chungiwww418:20190104140851j:image中央、青梅線ホーム。
ここでは東京方面へ向かう列車、中央線の下り八王子、高尾、甲府方面へ向かう列車、一部青梅線五日市線の拝島、奥多摩方面へ向かう列車がある。

発着ホームの確認には注意が必要だ。

ここから僕は6番線ホームに発着する青梅線青梅行きに乗る。

続きは次回で。

ではグッバイ👋👋👋

次回はhttps://chungiwww418.hatenablog.com/entry/2019/01/04/153533

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗り鉄の魅力

 

あけおめです(´∀`∩)↑age↑
このブログでは僕の乗り鉄活動を伝えていきたいと思います!
さあ、本題に入りましょう

 

鉄道趣味は∞である

 

鉄道趣味

この言葉を聞いてあなたは何を思いますか?

駅のホームでパシャパシャ写真を撮ってる撮り鉄?

それとも電車の音を録音したりする音鉄?

それともマニアックな模型鉄?

 

鉄道趣味はそれだけではありません

時刻表に魅力を見出す時刻表鉄など、その魅力は無限なのです∞∞

 

その中でも僕の本ブログで紹介したいのは電車を乗ること自体に魅力を見出す乗り鉄です!!!!

 

乗り鉄の中にある深み

乗り鉄の中にもいろいろな種類があります

私、ハマったものに関しては長〜ったらしく話してしまうんですね。

なので、簡潔にまとめてしまいます。 

↓簡単にまとめたで〜

 

乗り鉄の種類⇩⇩

  • 完駅タイプ〜すべての駅を乗り降りする
  • 完乗タイプ〜全路線に乗車する
  • 特急タイプ〜特急列車を制覇!
  • 海外タイプ〜海外の主要路線を乗る

 

完駅タイプはなかなか難しいですよ。

乗り降りするので、手間がかかります

ですがそれを達成したとき、ともに完乗も達成したことになっているので、達成感がすごいですね。

またそこから特急タイプ、海外へと発展していきます。

そして、お金がかかる方へと発展していくのです。

特急タイプは遠くへ行くので、旅なども兼ねていくのはいいかもしれませんね(≧∇≦)b

海外とかはかなりマニアックな人が挑戦するジャンルですね

海外のまた違う鉄道を堪能するのも楽しみの一つですよ

インドネシアには(すいません関東人なので関東のことしか知りませんこれから知っていきます)昔は日本の通勤電車の主流だった205系が走っています

南武線の昔の列車)

引用:ウィキペディア


f:id:chungiwww418:20190102234809j:image

ハードルが高いので挑戦者は少ないでしょうね

でも最初から海外などを目指す人もいます。

寝台列車を専門とするマイナーなマニアもいます。

乗り鉄っていうのは、本当に奥が深いものなんです!!!!!!!!!

 

僕が乗り鉄を志した理由

僕は学生です

今年になって電車通学をすることになりました。

PASMOのチャージとかするときにですね、切符売り場に行くと、上に路線図があるんですよ。

ある日、思いました(と言っても1週間前ですが)

「この路線、全部乗りてぇー!」

これが、乗り鉄の始まりでした。

ですが、六歳のとき鉄道がとてもすきだったのですが、自分のいつも使ってる京急の終点である三崎口には行ってるんですね。

三崎マグロも堪能しています。うまかったよ。

f:id:chungiwww418:20190102225638j:plain

京急川崎駅で撮影。ブレててごめんなさいm(_ _)m

でも、幼稚園児の体力というのはそれが限界です

結局、それが1番遠く電車旅した思い出でした。 

その後何年経っただろうか。

そのあいだ、あのときの電車熱は冷めてしまっていました。

電車通学をすることになり、再び電車に触れることになった僕。

そこで僕の心の中の何かが反応しました。

そう、自分を奮い立たせる何かが!!!!!

そして、次はJRだと母から幼稚園のとき買ってもらった首都圏鉄道路線図のランチョンマットを開きました。

自分の家の近くになんか旅ができる場所はないか探すと、ちょうどいい路線がありました

鶴見線です!

 

また、南武線へ乗り換え、そして青梅線奥多摩まで旅をし、八高線横浜線で帰ってくるルートでいきます

 

乗り鉄🔰なので楽しくやっていきたいと思います

 

鶴見線は魅力が満載なので、きっちり写真などに収めていきたいと思います。

 

では、第二話で〜

良い一日を〜( ´∀`)